ご飯作り家豆家の日記


by mameyap

<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

栗しごと

そして、今の時期といえば!栗も出回ってますよね~♪
作るのはとっても面倒なのですが、私は栗の渋皮煮が大好きです。

d0125639_1722922.jpgまず栗の鬼皮だけを剥いていきます。
(私は包丁で剥くけど、栗用皮むき器ってDOなんでしょ?便利なんかな?)
渋皮を傷つけないように慎重に剥きます。
ちょっとでも傷がついて黄色い実が見えたら、渋皮煮としてはNG。
虫食いのあるやつも、渋皮を全部剥いて栗ご飯か甘露煮行きです。
鬼皮が取れない部分は無理に取らないこと。(ゆでるとはがれてきます。)
ここで栗の重量を量っておくと良いです。
↑この重量の50%(元の栗の約35%)の砂糖を用意します。


鍋に入れて、栗がひたひたにかぶるくらいの水を入れる。
重曹を小さじ1くらい入れて、弱火にかけます。
15分くらいするとゆで汁が黒ーくにごってくるので水を替えます。
鍋のふちに細い流水を入れて、循環で徐々に替えていきます。
こうすると栗の渋皮が傷つかないようです。

この時、さっき取れなかった鬼皮や、鬼皮と渋皮の間のもさもさした皮を指でこすり取ります。
くれぐれも渋皮傷つけないように~!
栗の表面のシワの部分に固くもさもさした繊維が入ってるので、つまようじで取ります。(慎重に!)

再びひたひたの水に重曹を入れ、弱火にかけて流水で水を替える。
これを、ゆで汁がにごらない紅茶色になるまで続けます。
ここまでが非常~にめんどい!

ある程度ゆで汁が透き通ってきたら、砂糖の1/3くらいを入れて、弱火にかけます。
10分ほどしたら火を止めて、しばらく置く。
この冷める過程で栗に糖分が浸透していきます。
残りの砂糖も2~3回に分けて入れては火にかけ冷ます、を繰り返します。
これを煮沸消毒したびんに詰めて出来上がり。


d0125639_17193866.jpg



何度も作っていますが、やはりあく抜きが大変で難しい…。
コツがあるのかなぁ?まだ探求中です。

今度のアートフリマでは、このくりを焼きこんだマドレーヌを作ります。
しっとりどっしりで美味しいです☆


[PR]
by mameyap | 2007-10-31 17:20 | 豆家

りんごしごと

d0125639_8102682.jpg
紅玉の出回る時期になりました♪


りんごの中でも紅玉は、1年のうち限られた時期しか出回りません。
(普通のは年中ありますよね)
よくある品種の物に比べて、断然すっぱくて香り高い紅玉。
アップルパイもジャムも、やっぱり紅玉じゃないと物足りない気がする。

で、先日八百屋さんで見つけた紅玉を使って、
『りんごのキャラメルジャム』を作りました!
これはこの季節の定番です。

作り方は…


d0125639_12302667.jpg厚手の鍋に、砂糖100gを入れ、火にかけます。砂糖が溶けてカラメル色に焦げてきたところで、バター40gを入れる。
じゅわ~っと泡立って、チェルシーのバタースカッチのような香りが立ちます。


d0125639_12312992.jpgここに、りんご4こを六つ割りにして入れ、しばらく炒めます。
りんごから水分が出てくるので、とろ火で煮ていく。
煮汁がとろーっとしてきたら、火を止めて蓋をして1時間ほどおく。
また水分が出てくるので、それを煮詰めて出来上がり。
山本麗子さんのレシピです。


d0125639_14333328.jpgd0125639_14335416.jpg保存のため、ゆるめに蓋をしたびんをお湯につけて20分ほど煮沸。
蓋をきっちりしめてから逆さにして冷ますと脱気ができます。


d0125639_12323569.jpgd0125639_12332165.jpg


甘過ぎず、でも酸味とバターの香りで濃厚なジャム。
パンやスコーンに付けてもいいし、
アツアツに温めてバニラアイスにかけるともう…( ̄¬ ̄)ヨダレ


一度食べたらやみつきです!
紅玉を見つけたらぜひ作ってみて下さい。
ちなみにうちの母は「もっと甘い方がいい」と言ってるので、お好みで砂糖を増や
すといいかも。

もう一つ、福田里香さんの本で見つけた、紅玉の赤みを生かしたレシピでも作ってみました。
こちらは皮を剥いてざく切りにしたりんご4個、砂糖300g、水150cc、レモン汁1/4個分とりんごの皮・種(色とペクチン…とろみを出すため)を一緒に煮るというもの。
皮と種は最後に取り除き、きれいなピンク色のジャムができます。
d0125639_12345576.jpg



レシピを見ても分かるように、だいぶ甘め。
これはうちの母のように『普通の甘いジャム』が好きな方向けですね。
砂糖を減らしても美味しいと思います。


いずれも、11/3(土・祝)の、神戸ビエンナーレ・アートフリーマーケットでも少し用意します☆
[PR]
by mameyap | 2007-10-31 08:21 | 豆家
遅くなりましたが、芦屋のアートフリーマーケットの報告です。

10月13日・14日、去年とはうって変わっての晴天の下、
アートフリマが開催されました。
(去年は雨で1日目が中止だったんです。。)
ikuyosewingの作家である母、洋服作りをされる母のお友達、姉、私の4人で
あれこれ模索しつつ、ディスプレイしていきます。

d0125639_13575366.jpg


全て並べ終える前に、お客様が。
今日は1日なりきりショップ店員です!
ありがたいことに、たくさんの方に手にとっていただき、お買い上げいただきました。

d0125639_1482010.jpg帆布・デニムの肩かけバッグです。
後ろのチュニック・パンツは母お友達の作品。


d0125639_1413313.jpg
帆布のバケツバッグ、トートバッグ。
防水のエコバッグ


d0125639_14121366.jpg和布のバッグ。



d0125639_1412219.jpg

こうやって見ると、雑な並べ方ですね~
神戸のアートフリマの時は、もうちょっとキレイにできたらいいな。



そして、今回とても嬉しいことが。
昨年、ikuyosewingのバッグを買ってくださって、
その後に「とても気に入ったので、同じものを作ってもらえませんか?」
とメールで注文してくださった方が、
パンフレットを見てわざわざお礼を言いに来てくださいました!
これには母感激。
こういった、お客様とじかに触れ合えるのが、お店の醍醐味ですね。

がぜんやる気の母。
神戸に向けて新しい布を仕入れ、もりもり製作中です!

11月3日(土)、神戸にお出での方は、ぜひぜひメリケンパークまで足をのばしてくださいね。
豆家も負けてられませんっ!
もりもり準備・試作中です。お楽しみに☆
[PR]
by mameyap | 2007-10-25 02:06 | ikuyosewing

ikuyosewing

豆家プロデュース、私の母のブランドを紹介します。

手づくりバッグ、帽子、雑貨『ikuyosewing』(イクヨソーイング)
d0125639_12343691.jpg

きっかけは去年の秋、芦屋市立美術館のアートフリーマーケット。
その名のとおり、色んな人のアート・手づくり作品を展示販売するフリマ。
これは、母の腕前を披露できるチャンスかも!
手前味噌ですが、母の裁縫の腕は相当なもの。(プロなので…)
予てから、『母オリジナルブランド』を作りたいと考えていたのです。

そんな訳で、勝手に決めたブランド名が『ikuyosewing』。
イクヨは母の名前ではなく、旧姓なんです。
祖母から受け継いだ、裁縫の腕とソウル。
良いブランド名だと思ってます!

さて、またアートフリマの季節がやってきました。
今年は10月13日(土)・14日(日)
場所は去年と同じ、芦屋市立美術館前庭。
ikuyosewingは、南東角の入口に近いブースです。

ちなみにブースはじゃんけんで決められます。
じゃんけん激弱な豆家P…
ですがっ!なんとか希望のブースを勝ち取りました。
(単に希望がかぶらなかっただけですが…)

当日は色んな方の手づくり作品が並びます。
母のように布製品を作られる方から、
皮小物、陶芸、アクセサリー、彫刻などなど多彩!
イベントやパフォーマンスもあるので、お子様連れでも楽しめます。
駅から少し遠いのが難点ですが、
天気が良ければ散歩しながら来られるのもおススメです!
芦屋は景色がきれいな町ですので。
ご都合よろしければ、ぜひぜひ。

そして、もうひとつのアートフリマ。
神戸ビエンナーレ・アートフリーマーケット
に、ikuyosewingと豆家のサンドイッチ・焼菓子のお店を出店します!
日にちは11月3日(土・祝)
場所は神戸メリケンパーク。海洋博物館の近くです。

そう、こちらでは食べ物も出せるんですよ。
なので豆家スイーツと、自家製パン・自家製ベーコンを使ったサンドイッチを用意します。
南京町の『華華』さんや、『喜★福★珠』さんも出店されるのでとっても楽しみです!
詳しくはまた後ほど載せますね。

d0125639_12382472.jpg
d0125639_12385066.jpg

[PR]
by mameyap | 2007-10-12 12:39 | ikuyosewing

豆家食堂

月に1度ほど、梅田のSINGLESというバーでマスターをしています。

Common Bar SINGLESは、日替わりマスター制のバー。
こちらに登録してシフト申請することによって、
1日マスターをすることができます。
100人以上の登録マスターさんが、それぞれ個性的なバーを開いています。

私のバーはというと、手作りご飯とデザートをもりもり食べていただく、
食堂のようなバーを開いています。
題して『豆家食堂』

d0125639_09397.jpg


これは去年の秋の『豆家食堂』のメニューの一部。
手前から時計回りに、きのことさつまいものポタージュ、いもいもサラダ、レバーパテ。

いつも大体10品くらいは作ってるかな?
またお暇があれば、豆家食堂に遊びにきてください。
なかなか不思議空間で楽しいですよ!
[PR]
by mameyap | 2007-10-10 00:13 | 豆家食堂

まめやチョコ

さて、開設したものの、長らく更新していませんでした。
豆家の活動を少しずつ紹介していけたらと思います。

d0125639_23433311.jpg
写真は豆家のごくごく最初の頃の活動。

神戸南京町の香港・台湾雑貨&カフェ『華華』さんの情人節で
豆家の手作りチョコを販売させていただきました。

杏露酒・老酒・桂花陳酒トリュフ。意外に合うのです。
華華さんのかわいいラッピングで、
香港テイストのバレンタインチョコができあがりました。

d0125639_01256.jpg


そしてこちらは今年のバレンタイン。
ミニケースでの2個入りラッピングに加えて
ミニせいろを使ったラッピングも可愛かったです。
[PR]
by mameyap | 2007-10-09 23:51 | 豆家